ストップ老化と疲れは活性酸素対策で|内側から健康づくり

サプリメント

老化の元

活性酸素とは

Medicine

体を酸化させてしまって老化を早めてしまうのが活性酸素です。 体内にはこの活性酸素を除去する物質がありますが、加齢や生活習慣などによってその物質が減少してしまうと、体内の活性酸素が増えてしまって老化しやすくなってしまいます。 病気や動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病にかかりやすくなったり、肌にはしわやたるみなどができやすくなってしまいます。 活性酸素は紫外線を浴びたり、空気中の有害物質や排気ガスが体内に入ってきたり、食品に含まれている添加物、殺虫剤などによっても増えてしまいます。 また、ストレスや生活習慣の乱れからも増加してしまいますから、なるべくこれらの原因を避けるようにするのが大切です。 生活習慣を見直したり、活性酸素を減らすサプリメントなどを活用するのが良いでしょう。

抗酸化作用のある成分

体内の細胞を酸化させてしまって、正常な働きをできなくさせる活性酸素を減らすためには、抗酸化作用のある成分を取るのが最適です。 食品から摂取することも可能なので、意識的に取るようにしましょう。 ビタミンCやEなどのビタミン類や、セレンや亜鉛などのミネラル類は抗酸化作用のある成分です。 また、コエンザイムQ10やαリポ酸、アスタキサンチンなどもこれに当たります。 これらは野菜類や魚、肉類、豆類や大豆製品、穀物などの多くの食品から摂取可能です。 野菜やたんぱく質など、毎日の食事をバランスよく取ることが基本ですが、それでは不足してしまう場合がありますから、サプリメントなどを活用しましょう。 不足した栄養分を補うことで健康にも役立ちます。